ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

暮らしのマーケットに加盟

この度暮らしのマーケットからも撮影のお申込みが出来る様になりました。

暮らしのマーケットには色々なカテゴリーがありますが

エンタテイメンツからビデオ撮影を選択して下さい。

ミツモア

最近ミツモア様から取引のご依頼がありました。

検討の末、ミツモア様に登録いたすことになりました。

ミツモア様からの撮影になるかもしれませんが

よろしくお願いいたします。

二次会のビデオ撮影、カメラマンに渡す「要望書」の作り方をご紹介!

2018122811833.jpg

結婚式二次会のビデオ撮影を頼んだら、要望書を作っておくことをおすすめします。

要望書とは、ビデオ撮影を行うカメラマンに渡す撮影の依頼書のようなもの。

「余興をノーカットで撮影してほしい」「なるべく多くのゲストからコメントをもらって欲しい」など、具体的な要望をカメラマンに伝えるためのものです。

口頭だけで伝えるよりも明確にイメージを伝えることができるので、ビデオにこだわりたいという方には必須のアイテムともいえます。

そこで今回は、希望通りの二次会ムービーを残すための上手な要望書の作り方をご紹介いたします。

二次会のビデオ撮影をする具体的な目的を書いておく

二次会の様子をビデオ撮影する理由を明確にしておき、それをカメラマンに伝えることでビデオの仕上がりは変わります。

たとえば最も多い理由として、「思い出に残しておきたいから」というものがあります。これをさらに掘り下げると、「将来的には子どもにも見せてあげたい」「DVDができたらゲストを家に招待して鑑賞会をしたい」など、細かな目的があるでしょう。

このようなビデオ撮影の目的を要望書に書いておくことで、カメラマンの撮影方法や編集方法が少しずつ変わっていきます。

子どもが見ても楽しめるアットホームな映像に、友だち同士で見るために盛り上がりや笑えるシーンを多めに、など具体的に要望を出しておくのもOKです。

入場や乾杯、余興など、シーン別に要望を書いておく

二次会のビデオに詳細までこだわりたいという方には、要望書をシーン別に分けておくという方法をおすすめします。

二次会の一般的な流れに沿って、入場、乾杯、歓談、余興、挨拶、退場などのシーンを箇条書きにし、それぞれの場面でどのような映像を残したいのかを書いていきます。

「入場は新郎新婦をメインにアップで」「歓談のときにはなるべく多くのゲストを撮って欲しい」など、具体的な要望を書いていきましょう。

また、凝った余興やゲームを企画している場合は、このシーンをよく撮影してもらうよう要望書に書き加えておくことも大切です。とくに多くのゲストが参加するゲームなどの場合、1台のカメラだけでは対応しきれず、撮り逃しをしてしまうことがあるかもしれません。

このような場合は、あらかじめ2~3台のカメラを手配しておき、撮影して欲しいシーンやアングルなどを伝えておくと安心です。カメラを複数台手配しても、カメラマン費用は一人分なので安く済むのでお得ですよ。

このようにシーン別に要望書の内容を書き出すことで、要望書を作成する側も書き忘れが少なくなり、カメラマン側も読みやすく理解しやすい内容になります。

イメージ写真や映像URLなどを用意しておく

「この写真のようなアングルで撮影してほしい」というように、理想のイメージに近い写真などがあれば、プリントアウトして要望書に貼り付けておくと、より具体的に要望が出せます。写真と映像は別物ですので必ずしも理想と一致するとはいえませんが、イメージに近い写真をいくつか貼り付けておくことで、要望書を作成した方の好みや趣味などを知ることができます。参考程度にはなりますが、写真で要望する方法もおすすめです。

また、インターネットで二次会のビデオ映像を検索すると、たくさんの映像が出てきます。これらの中で理想に近いものがあった場合、URLを記載しておくとカメラマンに共有できます。言葉や文字だけでは伝わらない部分を補うことができるので、写真や映像で要望を伝えるという方法はぜひ取り入れましょう。

2018122811839.jpg

たくさんのゲストに囲まれて過ごす結婚式の二次会は、人生の中でも特別なひとときといえます。プロのカメラマンにビデオ撮影を依頼すれば、当日は見られなかったゲストの様子や、会場の雰囲気などを確かめることができ、二次会を二度楽しめます。

理想通りの二次会ビデオを手に入れるためにも、要望書づくりに挑戦してみてくださいね。

最高の宝物になる! 二次会で絶対にビデオ撮影しておきたいシーン7選

2019312103149.jpg

結婚式の二次会の様子をビデオ撮影して残しておけば、あとあと繰り返し見て楽しめる最高の宝物になりますね。新郎新婦は当日ゲストをおもてなししたり、あいさつや写真撮影をしたりと忙しくなるので、ビデオを撮影しておきあとからゆっくり見直すのがおすすめです。

しかし、具体的には二次会のどういったシーンをビデオ撮影しておけばよいのでしょうか? そこで今回は、絶対に撮影しておきたいシーンを7つご紹介します。

撮影すべき二次会のシーン1:会場建物の外観

二次会会場の建物外観や出入り口、受付の飾り付けなどをビデオの冒頭に撮っておくと、二次会の雰囲気を鮮明に残すことができます。

ゲストの受付中もビデオ撮影をしておけば、新郎新婦が入場する前のゲストの様子を見ることができ、さらに祝福のメッセージも残せます。

撮影すべき二次会のシーン2:ウェディングケーキ入刀

披露宴だけでなく二次会にもウェディングケーキを用意し、新郎新婦の入刀イベントをしてゲストに振る舞おうと考えている方もいることでしょう。夫婦で手を重ね合わせ、華やかなウェディングケーキにナイフを入れる瞬間も絶対にビデオに残しておきたいシーンです。2人のラブラブな様子が画面から伝わってくるような、最高の映像を残しましょう。

撮影すべき二次会のシーン3:歓談中の様子

食事をしながらおしゃべりを楽しむ何気ない時間にも、ぜひビデオを回しておきましょう。歓談中には、ゲストが自然体でくつろぐ姿を撮影できます。カメラマンに各テーブルを回ってインタビューしてもらい、ゲストからの祝福メッセージを残しておくのも素敵ですよ。

撮影すべき二次会のシーン4:ゲストによる余興

二次会では、2人のためにゲストが素敵な余興を披露してくれることも多いものです。中には、特殊な技術が必要な珍しい余興を見せてくれる方もいるかもしれません。せっかくの機会だからこそ、ぜひビデオ撮影してあとから何度も見返して楽しみましょう。

撮影すべき二次会のシーン5:ゲームやレク

ゲストと一緒に楽しむパーティーゲームやレクリエーションの様子も、ビデオ撮影しておきたいですね。新郎新婦がゲストと一緒に心からゲームやレクを楽しんでいる、とびきりの笑顔を記録に残しましょう。

撮影すべき二次会のシーン6:スピーチや手紙交換

ゲストが一生懸命考えてくれたスピーチや、新郎新婦が心をこめてつづった手紙を披露するシーンは必ず撮影しておくことをおすすめします。祝福の言葉や愛情たっぷりのメッセージは、いつまでも忘れず大切に心にしまっておきたいものです。ビデオに記録しておけば、こういったメッセージの内容を深く噛みしめることができます。

撮影すべき二次会のシーン7:お開きしてからのお見送りシーン

二次会が終わると、出入り口付近に新郎新婦が立ち、ゲストをお見送りします。このとき、ゲストは新郎新婦へのお祝いの言葉を言いながら退席するのが一般的です。楽しかった二次会を後にするゲストの笑顔と温かい祝福の言葉はぜひとも残しておきたいもの。二次会会場の出入り口にはカメラマンにも立ってもらい、全員が退場するシーンを撮影してもらいましょう。

201931210359.jpg

ウェディング二次会のビデオ撮影をプロに依頼するときに「こんなシーンを撮影しておいいてほしい」とあらかじめオーダーしておけば、満足度の高い仕上がりになります。あとから見たときに二次会の最中の幸せな気持ちが蘇るよう、さまざまなシーンを撮影しておきましょう。

 

どちらがいいの? 式場カメラマンと持ち込みカメラマンの違い

20195810406.jpg

一生に一度の晴れ舞台である結婚式。特別な日の記念としてカメラマンに撮影を頼むカップルは多いのではないでしょうか。この場合、式場カメラマンか持ち込みカメラマンに依頼することができますが、両者には何か違いがあるのでしょうか? 今回は式場カメラマンと持込みカメラマンの違いについて紹介します。

 

式場カメラマンと持ち込みカメラマンについて

式場カメラマンと持ち込みカメラマンは、基本的には同じカメラマンです。フリーのカメラマンが式場にも行き、ある時は持ち込みにも行きます。

 

持ち込み禁止の式場でも撮影は可能?

式場カメラマンに依頼する場合、カメラマンは撮影マニュアルに沿って撮影します。一方、持ち込みカメラマンとして依頼する場合は、カップルの希望に沿って撮影します。

結婚式場が提示する撮影プランは写真の枚数、映像の収録時間に制限があり、満足いく枚数にしようとすると費用が違ってくる場合があります。式場カメラマンと持ち込みカメラマンとでは何が違うのか比較してみましょう。

 

撮影料金

式場カメラマンの場合……相場は20万~50万円(アルバム込)

持ち込みカメラマンの場合……相場は5万~20万円(アルバム込)

 

持ち込みカメラマンに同様のボリュームで撮影を頼んだ場合は、会社によって多少の違いはあるものの、半額ほどの料金に抑えられます。

カメラマンが得る日収は同じなので、なぜこのような金額の差があるのでしょうか。それは式場側に渡る金額のためなのです。式場は大切な施設の設備費用などに莫大な資金を必要とします。

だから式場カメラマンの金額は妥当な設定金額なのです。

 

撮影枚数

式場カメラマン……枚数制限があり、撮影場所・ポーズなどはプランに沿ったもの。

持ち込みカメラマン……枚数制限がなく、頼めば望みどおりの撮影をしてくれる。

 

式場カメラマンに依頼すると、プランに応じて撮影枚数が決まります。そのため、撮影場所やポーズが型どおりになってしまい、出来上がりを見ると古臭くてがっかりしたという声も。持ち込みカメラマンの場合は撮影枚数に融通が効き、事前の打ち合わせを入念にすれば希望どおりの撮影が可能になります。

式場に依頼する際は、念入りに打ち合わせをすることが大切です。打ち合わせをした上で希望に応じてもらえない場合は、持ち込みカメラマンを検討すると良いでしょう。

 

撮影できる場所

式場カメラマンの場合……制限はありませんが、チャペルなどでお客様の席に座って撮影することは禁止されています。

持ち込みカメラマンの場合……挙式中は席からのみ、祭壇に入っての撮影やメイク室での撮影は禁止されるなど制限があります。チャペルなどではバージンロード側の席から撮影するため、式場カメラマンとは一味違う仕上がりの写真になります。

 

式場カメラマンが自由に動き回れるのに対し、持ち込みカメラマンは撮影範囲を制限されてしまうことが多いです。制限があったとしても、結果として新郎新婦が写真を気に入るのであれば問題ないでしょう。

 

持ち込みカメラマンはどうやって探す?

新郎新婦の友人などに頼むこともありますが、結婚式という大事な場面ですから、後悔しないためにも撮影を数多く経験しているカメラマンに頼んだ方がよいでしょう。今はカメラマンや業者をWebで検索することが可能です。

 

201958104136.jpg

人生の晴れの舞台、納得のいく写真を撮影してもらいたいと誰でも願うものです。ぜひ信頼できるカメラマンを見つけてくださいね。

結婚式の二次会にビデオ撮影って必要? カメラマンを導入するメリット

2018122811751.jpg

結婚式の二次会はカジュアルに楽しめることもあり、挙式や披露宴とは一味違う思い出が残ります。楽しく幸せな一時をいつまでも忘れずにいるためには、写真だけではなく動画で記録を残しておくことがおすすめです。

そこで今回は、結婚式の二次会にビデオ撮影を行うカメラマンを導入するメリットをご紹介いたします。

結婚式の二次会にプロカメラマンのビデオ撮影を導入するメリット

1. 会場全体の雰囲気やゲスト1人1人をしっかりと記録できる

結婚式の二次会という楽しい一時は、あっという間に過ぎてしまうもの。二次会に足を運んでくれたゲスト1人1人とゆっくり向き合いたいと思っていても、時間割がタイトで新郎新婦はドタバタというケースは珍しくありません。

そんな中でも落ち着いてビデオ撮影に対応できるのはプロのカメラマンならでは。第三者の立場から均等に会場全体を撮影できるので、ゲスト1人1人をしっかりと捉えます。

二次会は、ケーキカットやクイズ、ビンゴなどの催し物が目白押しですが、このような状況の変化にもプロのカメラマンならきちんと対応してくれます。時にはゲストにインタビューをしたり、変わったアングルから撮影をしたりしてくれるので、見ていて楽しい動画に仕上がるのも嬉しいポイントです。

 

2. 友人カメラマンとのトラブルを避けることができる

「挙式や披露宴はプロのカメラマンにお願いするけど、二次会はカメラが得意な友達に撮影をお願いすればいい」このようにお考えのご夫婦は多くいらっしゃいます。

しかしこれがとんだトラブルになってしまうことも……。

出来上がった映像を見るとクオリティが期待値を大きく下回っていた、手ブレや画面の暗さが気になって仕方がない、盛り上がりのないただの記録動画になっているなど、さまざまなトラブルが予想できます。

また、このようなトラブルがきっかけで、友人との関係性が悪化してしまうというケースも珍しくありません。せっかくの楽しいイベントが悲しい思い出になってしまわぬよう、友人カメラマンではなく信頼できるプロのカメラマンに依頼するのがおすすめです。

 

3. 映像編集までセットで依頼できる

二次会の様子を記録した映像を、見ている人が面白いように編集するのもプロのカメラマンの仕事です。オープニングからエンディングまでの時間を切り取り、素敵な映像に仕立てていきます。編集なしの映像は中だるみなどがあり、見ていると途中で飽きてしまうこともありますが、プロの手によって編集された動画はまるで音楽ライブ映像のよう。長時間見ていても飽きることはありません。

二次会には参加していない親族に見せたり、夫婦で思い出を振り返りながら見たりするときにも十分満足できる映像に仕上がります。

2018122811825.jpg

プロのカメラマンにビデオ撮影を依頼しておけば、何も心配することなく二次会を楽しむことができます。後日、編集されたDVDが届くという楽しみもありますね。

メリットがたくさんの二次会のビデオ撮影をぜひご検討ください。

品川プリンスにて

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
2019年6月8日は品川プリンスに撮影行きました。

5月にも品川プリンスに行きましたが両日ともに屋内チャペルテンケイでした。

5月は女性の外国人牧師様で6月は男性の外国人牧師様でしたが

両人ともに素晴らしく撮影していても感動しました。

我々撮影スタッフにもお声掛けくださいました。

撮影ポイントも教えていただきリングピローもゆっくり撮影する事が出来ました。

ホームページリニューアルのお知らせ

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
この度、お客さまにより便利にご利用いただくため、当サロンホームページをリニューアルいたしました。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、内容の充実を図ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

結婚式の二次会で撮影したムービー、どんなタイミングで見返す?

2019312102326.jpg

「結婚式の二次会のムービーを撮影しても、あとあとあまり見ないかもしれない」という心配を抱えていませんか? しかし、ムービーを見返したいタイミングは意外と多いものなので心配はいりません。幸せな瞬間を映した素敵なムービーを、2人で何度も見て楽しみましょう。

今回は、結婚式二次会の様子を収めたムービーを見返すおすすめのタイミングについて紹介していきます。

二次会のムービーを見るタイミング1:結婚記念日に

「毎年の結婚記念日には必ず二次会のムービーを見返す」と2人で約束してみてはいかがでしょうか。結婚記念日には2人でおいしい食事やお酒を用意し、ムービーを眺めて懐かしい気分にひたりましょう。ムービーを見るたびに、幸せな結婚式の二次会の雰囲気をもう一度楽しんでいるような素敵な気持ちになれます。

二次会のムービーを見るタイミング2:ホームパーティーで

ウェディングのお祝いに駆けつけてくれた仲間たちに、後日あらためて二次会のムービーを見せれば、きっと喜んでもらえるはずです。友人を招いたホームパーティーの最中には、ぜひ結婚式二次会のムービーを流してみましょう。

仲間同士でムービーを見ながら二次会の思い出を語り合う、充実のひとときを過ごしてみてくださいね。

二次会のムービーを見るタイミング3:ケンカをしたときに

長い夫婦生活の中で、ときにはすれ違いやケンカが起きる日もあると思います。お互いの心が離れてしまったように感じたときには、ぜひ結婚式のムービーを見直してみましょう。

ムービーの中のラブラブな2人の姿を眺めれば、結婚式を挙げたときの新鮮な気持ちや相手を深く愛する気持ちが蘇ってくるはずです。幸せいっぱいのムービーが、末永く円満に過ごすための架け橋になってくれるかもしれません。

二次会のムービーを見るタイミング4:寂しいときに

夫が出張で不在の日や、妻がお出かけした日などには、家で過ごしていて寂しさを感じてしまうこともありますよね。そんなときに、1人でじっくりと二次会のムービーを眺めれば、寂しい気持ちも吹き飛ぶことでしょう。1人で過ごす時間の寂しさを和らげてくれるお供として、ムービーを上手に活用してみてくださいね。

二次会のムービーを見るタイミング5:将来、子どもと一緒に

「いつか生まれる自分の子どもにも見せてあげたい」という思いから、結婚式二次会のムービーを残すカップルもいます。子どもが生まれて大きくなったら、家族で観賞会をしてみましょう。

パパとママの幸せそうな姿を見せれば、子どももきっと喜んでくれるはずです。

2019312102642.jpg

今回紹介したように、結婚式の二次会のムービーをあとから見直すタイミングというのは意外とたくさんあるものです。プロの手で作られた魅力的なムービーならば、きっと何度でも見返したくなることでしょう。

弊社をご利用いただいたお客様からは、「結婚した後にDVDを改めて見たことで感動した」「結婚から数年経ち、結婚式当時の若い自分たちを見ることで懐かしい気持ちになった」「若くきれいな花嫁姿をムービーで残せてよかった」というようなお声をいただいております。

素敵なムービーを夫婦2人で一緒に見たり、仲間同士で見たりと、存分に楽しんでみてくださいね。

一生の記念にしよう! 二次会こそムービーを撮影しておくべき理由4つ

2019312103739.jpg

「披露宴のムービー撮影を予定しているけれど、結婚式の二次会までは撮影しないつもり」という方は多いと思います。しかし結婚式の二次会というのは、挙式の緊張が解けて気心知れた仲間たちとありのままに楽しめる貴重なひとときです。そんな二次会だからこそ、ぜひムービーに残しておき、幸せな瞬間をあとから何度も見直すのがおすすめですよ。

今回は、二次会のムービーを撮影しておくべき具体的な理由について紹介します。

二次会を撮影すべき理由1:二次会を振り返ることができる

二次会では、ゲストの余興を楽しんだり、幹事からのサプライズを受けたりとさまざまな出来事が起こり、テンションも上がることと思います。二次会のあとには「楽しかった!」という漠然とした思いだけが残り、具体的に誰が何をしてくれたのかがほとんど思い出せなくなる可能性も……。

二次会のムービーを撮影しておけば、誰がどんなことをしたのか、どんなふうに盛り上がったのかをあとからチェックすることができます。プロのカメラマンに撮影を任せておけば、二次会のレクリエーションを存分に楽しめることでしょう。

二次会を撮影すべき理由2:仲間の姿を映像に残せる

二次会は、一次会に参列しなかった友人なども参加します。普段なかなか会えない遠方の方が駆けつけてくれることも多いので、ぜひ記念撮影をしておきたいですよね。しかし、あれこれと忙しくしているうちに、ほとんど写真が撮れないまま終わってしまうこともあります。久しぶりに会った友だちの姿を思い出に残せておけないのは悲しいものです。

二次会の最中にムービーを撮影しておけば、なかなか会えない友人からお祝いのコメントをいただくことができます。たとえ写真を残すことができなくても、ムービーを見返せば顔だけでなく声も確認できます。2人を祝福してくれる仲間たちの動いている姿を、ぜひ映像に残しておきましょう。

二次会を撮影すべき理由3:スピーチをじっくり聞ける

二次会では、友だちがお祝いのあいさつやスピーチをしてくれたり、新郎や新婦がパートナーに向かって手紙を読んだりすることもあることでしょう。

心をこめて考えてくれたスピーチや手紙は、ムービーで何度も聞き直すのがおすすめです。大切な人が特別な日のために考えてくれたものだからこそ、ムービーを見返してじっくりと内容を噛みしめたいですね。

また、先述している通り二次会にはめったに会えない友人知人もたくさん集まります。その友人からもスピーチやメッセージをもらいましょう。

二次会を撮影すべき理由4:幸せな瞬間を形に残せる

結婚式の1日は、新郎新婦にとって最も幸せな瞬間といえるでしょう。人生の中でも最高にハッピーなひとときだからこそ、ぜひムービーを撮影して形に残しておきたいものです。

あとから「録画しておけばよかった」と後悔しても、同じような結婚式や二次会を再びするわけにはいきませんよね。動画撮影をすべきかと迷っている方は、あとあと後悔のないようにぜひ撮影しておくことをおすすめします。

また、結婚式二次会の最後は新郎挨拶で締めることが多いです。このお開きの挨拶をムービーに残しておけば、いつでも見返すことができます。二次会に参加してくれたゲストへの感謝や新婦への愛情など、感動的なメッセージはぜひ残しておきましょう。

2019312103942.jpg

ハッピーな瞬間がたくさん詰まった二次会のムービーは、きっと2人の大切な宝物になりますよ。幸せな結婚式の様子を一生の思い出として残したい方は、披露宴だけでなく二次会の最中もぜひムービーの撮影をしておきましょう。

 

ページ上部へ