ホーム>スタッフブログ>スタッフの日記

スタッフの日記

どちらがいいの? 式場カメラマンと持ち込みカメラマンの違い

20195810406.jpg

一生に一度の晴れ舞台である結婚式。特別な日の記念としてカメラマンに撮影を頼むカップルは多いのではないでしょうか。この場合、式場カメラマンか持ち込みカメラマンに依頼することができますが、両者には何か違いがあるのでしょうか? 今回は式場カメラマンと持込みカメラマンの違いについて紹介します。

 

式場カメラマンと持ち込みカメラマンについて

式場カメラマンと持ち込みカメラマンは、基本的には同じカメラマンです。フリーのカメラマンが式場にも行き、ある時は持ち込みにも行きます。

 

持ち込み禁止の式場でも撮影は可能?

式場カメラマンに依頼する場合、カメラマンは撮影マニュアルに沿って撮影します。一方、持ち込みカメラマンとして依頼する場合は、カップルの希望に沿って撮影します。

結婚式場が提示する撮影プランは写真の枚数、映像の収録時間に制限があり、満足いく枚数にしようとすると費用が違ってくる場合があります。式場カメラマンと持ち込みカメラマンとでは何が違うのか比較してみましょう。

 

撮影料金

式場カメラマンの場合……相場は20万~50万円(アルバム込)

持ち込みカメラマンの場合……相場は5万~20万円(アルバム込)

 

持ち込みカメラマンに同様のボリュームで撮影を頼んだ場合は、会社によって多少の違いはあるものの、半額ほどの料金に抑えられます。

カメラマンが得る日収は同じなので、なぜこのような金額の差があるのでしょうか。それは式場側に渡る金額のためなのです。式場は大切な施設の設備費用などに莫大な資金を必要とします。

だから式場カメラマンの金額は妥当な設定金額なのです。

 

撮影枚数

式場カメラマン……枚数制限があり、撮影場所・ポーズなどはプランに沿ったもの。

持ち込みカメラマン……枚数制限がなく、頼めば望みどおりの撮影をしてくれる。

 

式場カメラマンに依頼すると、プランに応じて撮影枚数が決まります。そのため、撮影場所やポーズが型どおりになってしまい、出来上がりを見ると古臭くてがっかりしたという声も。持ち込みカメラマンの場合は撮影枚数に融通が効き、事前の打ち合わせを入念にすれば希望どおりの撮影が可能になります。

式場に依頼する際は、念入りに打ち合わせをすることが大切です。打ち合わせをした上で希望に応じてもらえない場合は、持ち込みカメラマンを検討すると良いでしょう。

 

撮影できる場所

式場カメラマンの場合……制限はありませんが、チャペルなどでお客様の席に座って撮影することは禁止されています。

持ち込みカメラマンの場合……挙式中は席からのみ、祭壇に入っての撮影やメイク室での撮影は禁止されるなど制限があります。チャペルなどではバージンロード側の席から撮影するため、式場カメラマンとは一味違う仕上がりの写真になります。

 

式場カメラマンが自由に動き回れるのに対し、持ち込みカメラマンは撮影範囲を制限されてしまうことが多いです。制限があったとしても、結果として新郎新婦が写真を気に入るのであれば問題ないでしょう。

 

持ち込みカメラマンはどうやって探す?

新郎新婦の友人などに頼むこともありますが、結婚式という大事な場面ですから、後悔しないためにも撮影を数多く経験しているカメラマンに頼んだ方がよいでしょう。今はカメラマンや業者をWebで検索することが可能です。

 

201958104136.jpg

人生の晴れの舞台、納得のいく写真を撮影してもらいたいと誰でも願うものです。ぜひ信頼できるカメラマンを見つけてくださいね。

結婚式の二次会にビデオ撮影って必要? カメラマンを導入するメリット

2018122811751.jpg

結婚式の二次会はカジュアルに楽しめることもあり、挙式や披露宴とは一味違う思い出が残ります。楽しく幸せな一時をいつまでも忘れずにいるためには、写真だけではなく動画で記録を残しておくことがおすすめです。

そこで今回は、結婚式の二次会にビデオ撮影を行うカメラマンを導入するメリットをご紹介いたします。

結婚式の二次会にプロカメラマンのビデオ撮影を導入するメリット

1. 会場全体の雰囲気やゲスト1人1人をしっかりと記録できる

結婚式の二次会という楽しい一時は、あっという間に過ぎてしまうもの。二次会に足を運んでくれたゲスト1人1人とゆっくり向き合いたいと思っていても、時間割がタイトで新郎新婦はドタバタというケースは珍しくありません。

そんな中でも落ち着いてビデオ撮影に対応できるのはプロのカメラマンならでは。第三者の立場から均等に会場全体を撮影できるので、ゲスト1人1人をしっかりと捉えます。

二次会は、ケーキカットやクイズ、ビンゴなどの催し物が目白押しですが、このような状況の変化にもプロのカメラマンならきちんと対応してくれます。時にはゲストにインタビューをしたり、変わったアングルから撮影をしたりしてくれるので、見ていて楽しい動画に仕上がるのも嬉しいポイントです。

 

2. 友人カメラマンとのトラブルを避けることができる

「挙式や披露宴はプロのカメラマンにお願いするけど、二次会はカメラが得意な友達に撮影をお願いすればいい」このようにお考えのご夫婦は多くいらっしゃいます。

しかしこれがとんだトラブルになってしまうことも……。

出来上がった映像を見るとクオリティが期待値を大きく下回っていた、手ブレや画面の暗さが気になって仕方がない、盛り上がりのないただの記録動画になっているなど、さまざまなトラブルが予想できます。

また、このようなトラブルがきっかけで、友人との関係性が悪化してしまうというケースも珍しくありません。せっかくの楽しいイベントが悲しい思い出になってしまわぬよう、友人カメラマンではなく信頼できるプロのカメラマンに依頼するのがおすすめです。

 

3. 映像編集までセットで依頼できる

二次会の様子を記録した映像を、見ている人が面白いように編集するのもプロのカメラマンの仕事です。オープニングからエンディングまでの時間を切り取り、素敵な映像に仕立てていきます。編集なしの映像は中だるみなどがあり、見ていると途中で飽きてしまうこともありますが、プロの手によって編集された動画はまるで音楽ライブ映像のよう。長時間見ていても飽きることはありません。

二次会には参加していない親族に見せたり、夫婦で思い出を振り返りながら見たりするときにも十分満足できる映像に仕上がります。

2018122811825.jpg

プロのカメラマンにビデオ撮影を依頼しておけば、何も心配することなく二次会を楽しむことができます。後日、編集されたDVDが届くという楽しみもありますね。

メリットがたくさんの二次会のビデオ撮影をぜひご検討ください。

品川プリンスにて

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
2019年6月8日は品川プリンスに撮影行きました。

5月にも品川プリンスに行きましたが両日ともに屋内チャペルテンケイでした。

5月は女性の外国人牧師様で6月は男性の外国人牧師様でしたが

両人ともに素晴らしく撮影していても感動しました。

我々撮影スタッフにもお声掛けくださいました。

撮影ポイントも教えていただきリングピローもゆっくり撮影する事が出来ました。

ページ上部へ